安全・品質への取り組み

基本方針

当社は、すべてのお客さまから信頼されることを使命とし、行動規範の中でも、「すべてのお客さまに安全で高品質な商品・サービスを提供しつづけます。」を、第一に掲げています。この規範に則り、「食の安全・安心」の確保に向けた体制整備と、さまざまな取り組みを推進しています。

FSSC/ISO認証の取得

当社グループでは、食品安全・品質保証体制の標準化を図るため、食品安全・品質に対するマネジメントシステムの認証取得に向けた取り組みを推進しています。認証取得後も、各事業場ではお客様から信頼を高めるための改善を実施しているとともに、商品の安全・安心を追求しています。

ISO9001とは?

「品質管理および品質保証の国際規格」のことで、顧客に提供する製品・サービスの品質を継続的に向上させていくことを目的とした品質マネジメントシステムの規格です。

ISO22000とは?

フードチェーン(食品国際企業)の食の安全を対象にした食品安全マネジメントシステムを規定した国際規格です。食の安全の実証および継続的改善による企業のレベルアップを目的としています。

FSSC22000とは?

ISO22000を追加要求事項で補強した食品安全マネジメントシステムに関する国際規格です。GFSI(国際食品安全イニシアチブ)の認証を受けており、従来より高い食品安全性が担保されています。

JFS規格とは?

フードチェーン全体での食品安全確保のための取り組みを標準化し、自らの食品安全レベルを向上されることを目的とした、日本発の食品安全マネジメントシステムです。

トレーサビリティ体制の構築

万一、商品の不具合が発生した場合には、原因を特定し、被害が拡大しないよう対応するため、原料の入手経路、商品の販売先を速やかに把握する必要があります。「食の安全・安心」への注目が高まるなかで、国や食品業界などにおいて、こうした「トレーサビリティ」の統一システムづくりが検討されています。当社グループでは、原料の受入記録、商品の製造記録、商品のロット管理など、あらゆる工程で記録管理を徹底することで、トレーサビリティを確保しています。

ポジティブリスト制度について

食品中に残留する農薬等の基準に関して、ポジティブリスト制度が施行されています。当社は、当社の行動規範と行動指針に則り、「食の安全・安心」に向けた取り組みを推進しています。

関連コンテンツを見る