環境配慮商品

SDGsロゴ

環境配慮商品に関する考え方

 ニップンの行動指針のひとつである、「原材料調達から製造・流通さらには消費・廃棄に至るまでのライフサイクルを考慮し、環境との調和に配慮した商品および生産技術の開発を行います。」を踏まえ、商品を提供するにあたり、品質を第一としながらも環境に配慮した商品開発を行っています。
・家庭での調理の際に要するエネルギーの省力化を図ります。
・包装資材は、軽量化や廃棄処理による環境負荷が軽減できる仕様で設計します。
・商品製造時における、原材料や包装資材の廃棄リスクの軽減をめざします。
・家庭での廃棄物削減(食品ロス削減)をめざします。

環境配慮商品の定義

 環境配慮商品の開発において、次の定義を定めています。

環境配慮商品の定義
●省エネルギーや省資源に寄与する商品
●再資源化が容易な商品
●生物多様性の保全につながる商品

原材料・包装資材

 ニップングループは、企業として持続的な成長が図れるように、いろいろな角度から研究開発を進めています。その一環として、野菜の生産委託では、契約農家と連携して、その産地に適し、活性化に繋がる手法を検討、推進しています。機能性や希少性のある野菜の特徴を活かし、それを原料として消費者のニーズに対応する商品の開発・販売により、農産物の高付加価値化に取り組んでいます。
 また、包装資材においても、包材の厚みを薄くしたり、廃棄処理が容易にできる材質を選択したりしています。

環境配慮商品

小麦粉

 2020年春発売の「ニップン ハート スティックタイプ」において、公益社団法人日本包装技術協会(JPI)主催「2020日本パッケージングコンテスト」の包装部門賞[食品包装部門賞]を受賞しました。
 日本パッケージングコンテストは、わが国の優れたパッケージングとその技術を開発普及することを目的として毎年開催されています。包装部門賞は、包装合理化・改善などに著しく貢献したパッケージに与えられるものです。
「ニップン ハート スティックタイプ」は、ダマになりにくいさらさらタイプの小麦粉を、スティック1本=大さじ1杯分(9g)ずつに個包装した商品です。スティック袋は手で簡単に開封でき、とんかつやムニエルなどの調理シーンで、計量の手間なく手軽に小麦粉をご利用いただけます。また、いつでも開けたてのため、吸湿や虫害の心配もいりません。

ソイルプロ

 近年、植物性原料を使用したプラントベースフード市場が拡大しています。社会的なニーズに応えるため、当社は健康と美味しさにこだわった素材「ソイルプロ」を開発しました。
 「ソイルプロ」は豆腐を原料とした、一般的な粒状大豆たんぱく (大豆ミート)と異なる新素材です。特許出願中の製法によって、大豆特有の香りを抑えたクセのない風味と噛み応えのある弾力感を実現しています。
 2021年春発売の一部冷凍食品(パスタ)は、からだにも地球にも優しい動物性原材料を使用しない豆腐から作ったお肉を利用すると共に、NPO法人 ベジプロジェクトジャパン ヴィーガン認証を取得しています。

海洋プラスチックごみ対策

 現在、海洋プラスチックごみ対策は、世界的な課題となっています。2019年6月の20か国・地域首脳会議(G20大阪サミット)では、「海洋プラスチックごみによる新たな汚染を2050年までにゼロにすることを目指す」という目標を導入することで各国が合意しました。
 当社では、家庭でお皿を使用しない簡便調理において、冷凍食品のパスタなどにはプラスチックトレーを使用してきました。しかし、プラスチックごみに対する国際的な要請を受け、「オーマイプレミアムシリーズ」をはじめとした商品に使用しているプラスチックトレーを、紙製トレーに切り替える取り組みを進めています。また、おかずと米飯を仕切る「よくばりプレート」「よくばり御膳」のトレーには、無漂白の木材パルプを使用した「eco紙トレー」を採用しています。
※「よくばりモーニングプレート」「よくばり御膳 和朝食」を除く。

eco紙トレー

 当社は、冷凍食品の「よくばりプレート」「よくばり御膳」に、環境に配慮して無漂白の木材パルプで作られたeco 紙トレーを使用しています。eco 紙トレーを製造する際にモールド容器を活用することで、これまで紙トレー化が難しかった冷凍食品用の仕切り付きトレーが実現できました。今後も多くの冷凍食品の紙トレー化が図れるよう活動していきます。
※モールド容器:原料パルプを水に溶かし、金型で漉き上げて乾燥させて作った紙成型品。

無漂白のeco紙トレー

森林認証紙の採用

 当社は、冷凍食品(パスタなど)の紙トレーにPEFC 認証紙 1を使用しています。PEFC 認証紙を使用した冷凍パスタの2019年度の製造量は、2018年度比1.7%増となりました。
 また、社内報やCSR関連の報告書、株主さまへお送りしている事業報告誌などの定期刊行物にFSC 認証紙 2 を使用しています。今後も森林管理保全に繋がる取り組みを推進していきます。

※1 PEFC 認証紙: 国際NGO のPEFC (Programme for the Endorsement of Forest Certification)評議会が適切に管理された木材・木材製品であると認証した紙です。

※2 FSC 認証紙: 国際的な会員制非営利組織のFSC(Forest Stewardship Council:森林管理協議会)が、適切に管理された木材・木材製品であると認証した紙です。

トレー

PEFC認証紙を使用した紙トレー

一緒にエコ活動

容器包装における開発目標

 当社では、ISO14001の活動において、環境配慮商品の開発にむけた環境目標を設定しています。2019年度は、次の商品を開発しました。

2019年度開発目標と結果
項目 目標 開発商品 結果
時間短縮 2商品 ニップン めちゃラク ホットケーキミックス
ニップン めちゃラク クッキーミックス
ニップン 手作りパイキット アップルパイ
ニップン 手作りパイキット あんこパイ
4商品
地産地消 1商品 ニップン 日本のてんぷら粉
NP ペジペースト さつまいも
2商品
食品ロス低減 3商品 ニップン ハート ミニパック
ニップン ハート スティックタイプ
ニップン ふっくらパン強力粉 スティックタイプ
ニップン 日本のてんぷら粉
ニップン めちゃラク ホットケーキミックス
ニップン めちゃラク クッキーミックス
ニップン 手作りパイキット アップルパイ
ニップン 手作りパイキット あんこパイ
8商品

日本災害食認証の取得

 2019年8月、ニップンのアマニ関連商品10品が、一般社団法人日本災害食学会が導入する日本災害食認証を取得しました。
 従来、非常食というと長期保存性や災害直後にお腹を満たすものに重点がおかれていましたが、近年、台風や地震などの災害が頻発し、しかも長期にわたる避難生活が相次ぐ中、栄養不足による健康問題が重視されるようになってきました。災害時には、特にたんぱく質、脂質、必須ビタミン、必須ミネラルが不足し、一旦、栄養不良を招くと体調を回復するのに時間がかかることから、災害時の初期段階からバランスの良い食事が求められるようになります。
 そこで、災害時にもいろいろな食品に「かけるだけ」で手軽に食べられる栄養豊富なアマニを栄養サポートのひとつとして摂取していただきたいと思い、厳しい審査を経て日本災害食認証を取得しました。これから医療関係者とともに、地方自治体をはじめ、ご家族のローリングストックとして活躍できるよう提案してまいります。

※アマニ関連商品:ニップン アマニ油 100g
         ニップン アマニ油プレミアムリッチ
         アマニオイル(5.5g×30袋入)
         アマニオイル(5.5g×14袋入)
         ニップン ローストアマニ粒
         ローストアマニ[粒](5g×15袋入)
         ニップン ローストアマニ粉末
         ローストアマニ[粉末](5g×15袋入)
         ニップン アマニ油入りドレッシング 和風たまねぎ
         ニップン アマニ油入りドレッシング ごま

日本災害食 認証 通知書

日本災害食 認証 通知書

日本災害食 商品アイコン

日本災害食 商品アイコン

関連コンテンツを見る