業務用食品部門

製粉事業から発展した企業力を最大限に発揮
他社を常にリードする、21世紀の戦略部門

市場を意識した商品開発力
食の嗜好の変化を敏感にとらえ、業務用食材においても時代を先取り

NIPPNは製粉事業を企業活動の根幹としてパスタ・プレミックスを、さらにその延長線上で冷凍生地や冷凍パスタなど、いわゆるライン・エキステンションでの事業開発を推進してきました。
しかし食品部門の売上げが製粉部門を上回った今、市場のダイナミックな変化の中から新事業による新商品も生み出していかなければなりません。
そこで、他部門をリードしあらゆる食品業界に支持される業務用食品を、NIPPNの飛躍を担う重点戦略部門として設定。
バラエティ豊かな商品群の中から、お客様を常に意識した具体的な商品を提案。さらにR&Dやマーケティングを積極的に展開していきます。

からあげ

ニーズを見つめ、ウォンツを提供
提案型総合食品メーカーとして、各分野への積極的な提案を実施

NIPPN業務用食品の主力のひとつであるプレミックスは、市場に見合う最終的な商品を想定しながら研究開発およびマーケティングを進め、バラエティ豊かな商品群を取り揃えております。
もうひとつの主力商品であるパスタでは、長年蓄積したパスタ技術の粋を結集し、信頼のブランド「オーマイ」として優れた調理作業性と安定した高品質をお約束し、最高級の味をお届けします。
NIPPNオリジナルの商品開発と提案は、販売力の強化や品揃えの充実をともなって、ブランド戦略とともに確かな市場を形成していきます。

品質と技術がNIPPNを物語る
最先端の工場を背景に、多彩な食品事業に進出

プレミックスやパスタなどの業務用食品の成長を支えるのは、品質の高さはもちろん、徹底した品質管理と加工技術です。
竜ヶ崎工場と神戸甲南工場では高品質のプレミックス商品を製造し、市場にお届けしています。
また、NIPPNのグループ会社であるオーマイ厚木・加古川工場は高品質のパスタを製造し、品質管理面にも力を注いでいます。米国のパスタモンタナ社とともに、より一層の安定したパスタ供給を行っています。

TOPへ戻る