印刷

IR基本方針

基本姿勢

当社は、財務状況や経営戦略などに関する正確な情報を、株主・投資家・証券アナリスト・格付機関などのさまざまな皆さま(以下、資本市場)に、公平かつ迅速に提供します。また、当社に関する資本市場の評価を経営マネジメントに還元することを通じて、株主価値の向上に資するIR活動を実践してまいります。

ディスクロージャーの基準

当社をよりいっそうご理解いただくために、金融商品取引法等の諸法令(以下、「諸法令」)及び「上場有価証券の発行者による会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、「適時開示規則」)により義務付けられている範囲の情報開示にとどまらず、諸法令や適時開示規則が定める重要事実に該当しない情報であっても、資本市場に有用と判断されるものについてはできる限り情報開示に努めてまいります。情報開示に当っては、適時性・公平性・継続性・正確性・明瞭性に配慮しながら、資本市場における有価証券の公正・円滑な流通の確保を心がけてまいります。

ディスクロージャーの方法

情報開示に当っては、諸法令や適時開示規則に沿って公開するほか、ホ-ムペ-ジを補助的開示手段として活用して発表後できる限り速やかに情報開示してまいります。また、諸法令や適時開示規則が定める重要事実に該当しない情報についても、逐次ホ-ムペ-ジへの掲載を行ってまいります。

将来の予測について

当社が開示する情報の中には、現在の計画・見通し・戦略等が含まれる場合があります。これらは一定の前提の下に作成されたものであり、当該時点における環境変化などの外的要因により、これら見通しとは大きく異なる結果となり得ることがあります。このような将来の予測情報に関しては、その予測の前提条件や不確定要素などを十分説明し、資本市場に誤解を与えることがないよう努めてまいります。

TOPへ戻る