印刷

IR活動指針

当社は、以下の活動指針に基づいたIRを実施することで、株主・投資家・証券アナリスト・格付機関などのさまざまな皆さま(以下、資本市場)との長期的な信頼関係を構築し、株主価値の最大化を図ります。

開かれたIR活動

法令を遵守した誠実かつ公平な情報開示により、資本市場に対する説明責任を果たすとともに、双方向性を重視した資本市場との対話を大事にします。

法令遵守
金融商品取引法などの法令や証券取引所の適時開示規則を遵守します。

適時性
タイムリ-な情報開示に努めます。

正確性
正確な投資判断に資する情報開示に努めます。

公平性
広く公平な情報開示を行います。

能動的
常に新しい発想で投資家の皆さまのためになるIR活動を展開します。

双方向性
資本市場との対話を大切に信頼関係を構築します。

わかりやすいIR活動

投資家の皆様のご要望に合わせ、わかりやすい説明と説明ツールの充実による理解の促進を図ります。

明瞭性

情報開示は分かり易く表現することに努めます。

継続性
一度情報開示した情報は、原則として継続して開示していきます。

説明ツ-ルの充実化
投資家の皆さまのニ-ズにあった説明ツ-ルの充実に努めます。

組織的なIR活動

経営トップのリ-ダ-シップの下、グル-プ企業を含めた全役職員が、企業価値向上の担い手として組織的にIR活動を支援しています。尚、決算期に開示する決算情報の漏洩防止を徹底するため、四半期決算を含む各決算期日の翌日から決算発表日までをIR活動沈黙期間とし、この期間については決算に関するコメントや質問への回答を控えています。ただし、この期間に、既に発表している業績予想から大きく乖離する見通しとなることが明らかになった場合には、適時開示規則等に従い当該情報を開示してまいります。


経営トップのコミットメント

IR活動は経営の重要事項のひとつと認識し、経営トップが率先して取組みます。

経営へのフィ-ドバック
資本市場の声を経営にフィ-ドバックさせて、企業価値の最大化を図ります。

IR推進体制
決算など重要な情報開示は「IR委員会」で精査・審議し、認識の共有化をします。

TOPへ戻る