環境への取り組み

日本製粉株式会社では、2000年4月に環境方針を制定し、2004年1月に改定しました。

環境方針

1.基本方針

日本製粉株式会社は、主たる業務の製粉業、食品製造販売業など企業活動を行う際、環境に負荷を与えている事実を深く認識し、地球環境の保全、健康的な生活環境づくりに向けた行動をとり、人と環境の調和を目指した企業経営を行います。

2.行動指針

環境負荷のますますの増大が懸念される私たち地球の未来にとって、環境問題が緊急重要課題のひとつであると位置づけ、日本製粉グループのすべての企業活動において環境の保全に積極的かつ継続的に取り組み行動します。
国の内外において、環境改善の施策遂行に協力し、環境関連法規、規制を遵守します。
環境マネジメントシステムに適合する組織を整備し、環境目的、目標の設定と見直しを行い、パフォーマンスの継続的向上を図ります。
エネルギー及び資源の効率的な使用を推進します。
廃棄物の減量及び再資源化を推進し、ゴミゼロをめざします。
商品開発、技術開発において、環境との調和に配慮します。
教育、広報活動、環境監査を通じて、環境方針を徹底し、環境保全活動への理解を深め、意識の向上を図ります。
万一、企業活動に起因して環境問題が生じたときは、迅速にして適切な措置をとると共に、情報を公開し、影響を最小限にとどめます。
この環境方針は一般に公開します。

TOPへ戻る