日本製粉の研究開発 / 主な研究論文・学会発表

  • オリーブ
  • パミスエキス
  • セラミド
  • アマニ

研究論文

学会発表

演題名 学会
2015

Effects of oral administration of an olive fruit extract in subjects with mild knee joint pain

詳細を見る

Asian Congress of Nutrition(ACN2015)
2013

オリーブ油搾り粕を有効利用したロコモシティブシンドローム(関節炎)対応食品素材の開発

詳細を見る

日本農芸化学会2013
2013

オリーブ油搾り粕を有効利用したロコモシティブシンドローム(関節炎)対応食品素材の開発

詳細を見る

JSoFF(日本フードファクター学会)
2012

オリーブに含まれるマスリン酸による炎症及び浮腫軽減作用

詳細を見る

日本農芸化学会2012
2012

オリーブ由来マスリン酸の経口摂取による浮腫及び関節炎予防効果

詳細を見る

日本食品科学工学会2012
2011

オリーブ果実抽出物による抗炎症作用

詳細を見る

日本農芸化学会2011
2011

オリーブ果実エキスの炎症及び浮腫抑制効果

詳細を見る

日本食品科学工学会
2010

小豆島オリーブに含まれるマスリン酸が炎症性サイトカイン産生に及ぼす影響果

詳細を見る

JSoFF(日本フードファクター学会)

研究論文

雑誌名・著者(所属) タイトル
2011

【雑誌名】
小児歯科学雑誌

【著者(所属)】
大原紫*1、吉村剛*1、小西俊成*2、光畑智恵子*1、香西克之*1

*1,広島大学大学院小児歯科学研究室
*2,日本製粉株式会社中央研究所

Streptococcus mutans に対するブドウ酒搾り粕抽出成分の抑制効果 49 3 251-258

学会発表

演題名 学会
2014

ワイン圧搾粕(パミス)抽出物のヒトにおける齲蝕予防効果

詳細を見る

日本食品科学工学会
2011

ワイン圧搾粕(パミス)抽出物のプラーク形成阻害効果およびう蝕原因菌に及ぼす影響

詳細を見る

日本食品科学工学会
2010

S.mutansのプラーク形成に対するブドウ酒搾り滓(パミス)の阻害効果について

詳細を見る

日本小児歯科学会
2009

パミス(ブドウ酒搾り滓)抽出物が脂肪細胞の脂肪蓄積に及ぼす影響

詳細を見る

日本農芸化学会
2008

パミス(ブドウ酒搾り滓)が脂肪細胞の脂肪蓄積に及ぼす影響

詳細を見る

日本食品科学工学会

研究論文

雑誌名・著者(所属) タイトル
2012

【雑誌名】
Experimental Dermatology

【著者(所属)】
Jingjing Dian*1, Tatsuya Sugawara*1, Mayumi Hirose*1, Kazuhiko Aida*2, Shota Sakai*1, Aoi Fujii*1 and Takashi Hirata*1

*1,Division of Applied Biosciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
*2,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.

Dietary sphingolipids improve skin barrier functions via the upregulation of ceramide synthases in the epidermis 21 448-452
2012

【雑誌名】
日本食品科学工学会誌

【著者(所属)】
宮下留美子*1,2、奈良昌代*1、木下幹朗*2,3、間和彦*1、中塚進一*4、落合潔*1、大西正男*2,3

*1,日本製粉株式会社中央研究所
*2,岩手大学大学院連合農学研究科
*3,帯広畜産大学食品科学研究部門
*4,長良サイエンス株式会社

HPLC-ELSDによる植物由来グルコシルセラミド素材定量分析法の単一試験室妥当性確認 59 34-39
2011

【雑誌名】
Journal of Oleo Science

【著者(所属)】
Eriko Shimada*1, Kazuhiko Aida*2, Tatsuya Sugawara*1, and Takashi Hirata*1

*1,Division of Applied Biosciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
*2,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.

Inhibitory Effect of Topical Maize Glucosylceramide on Skin Photoaging in UVA-irradiated Hairless Mice 60 321-325
2011

【雑誌名】
Fish Sci.

【著者(所属)】
Zakir Hossain*1,2, Tatsuya Sugawara*1, Kazuhiko Aida*3, Takashi Hirata*1

*1,Division of Applied Biosciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
*2,Department of Fisheries Biology and Genetics, Bangladesh Agricultural University
*3,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.

Effects of dietary glucosylceramide from sea cucumber on plasma and liver lipids in cholesterol-fed mice 77 1081-1085
2011

【雑誌名】
Lipids

【著者(所属)】
Jingjing Duan*1, Tatsuya Sugawara*1, Shota Sakai*1, Kazuhiko Aida*2, Takashi Hirata*1

*1,Division of Applied Biosciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
*2,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.

Oral Glucosylceramide Reduces 2,4-Dinitrofluorobenzene Induced Inflammatory Response in Mice by Reducing TNF-Alpha Levels and Leukocyte Infiltration 46 505-512
2010

【雑誌名】
Journal of Oleo Science

【著者(所属)】
Tatsuya Sugawara*1, Kazuhiko Aida*2, Jingjing Duan*1 and Takashi Hirata*1

*1,Division of Applied Biosciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University.
*2,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.

Analysis of Glucosylceramaides from Various Sources by Liquid Chromatography-Ion Trap Mass Spectrometry 59 387-394
2010

【雑誌名】
Eur. J. Lipid Sci. Technol.

【著者(所属)】
Jisaburo Ono*1,2, Mikio Kinoshita*1, Kazuhiko Aida*2, Masahiko Tamura*3 and Masao Ohnishi*1

*1,Department of Food Science, Obihiro University of Agriculture and Veterinart Medicine
*2,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.
*3,Nippon Beet Sugar Mfg.,Co., Ltd.

Effects of dietary glucosylceramide on dermatitis in atopic dermatitis model mice 112 708-711
2010

【雑誌名】
Lipids

【著者(所属)】
Tatsuya Sugawara*1, Jingjing Duan*1, Kazuhiko Aida*2, Tsuyoshi Tsuduki*3, Takashi Hirata*1

*1,Division of Applied Biosciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
*2,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.
*3,Laboratory of Food and Biomolecular Science, Graduate School of Life Science and Agriculture, Tohoku University

Identification of Glucosylceramides Containing Sphingatrienine in Maize and Rice Using Ion Trap Mass Spectrometry 45 451-455
2010

【雑誌名】
Journal of Lipid Research

【著者(所属)】
Tatsuya Sugawara*1, Tsuyoshi Tuduki*2, Saeko Yano*1, Mayumi Hirose*1, Jingjing Duan*1, Kazuhiko Aida*3, Ikuo Ikeda*2, and Takashi Hirata*1

*1,Division of Applied Biosciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University.
*2,Laboratory of Food and Biomolecular Science, Graduate School of Life Science and Agriculture, Tohoku University
*3,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.

Intestinal absorption of dietary maize glucosylceramide in lymphatic duct cannulated rats 51 1761-1769
2008

【雑誌名】
Biosci. Biotechnol. Biochem.

【著者(所属)】
Keita Yunoki*1, Takuya Ogawa*1, Jisaburo Ono*2,3, Rumiko Miyashita*1,2, Kazuhiko Aida*2, Yuji Oda*1, and Masao Ohnishi*1

*1,Department of Agricultural and Life Science, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
*2,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.
*3,The United Graduate School of Agricultural Sciences, Iwate University,

Analysis of Sphingolipid Classes and Their Contents in Meals 72 222-225
2007

【雑誌名】
Journal of Oleo Science

【著者(所属)】
Mikio Kinoshita*1, Naofumi Hori*1, Kazuhiko Aida*2, Tatsuya Sugawara*3 and Masao Ohnishi*1

*1,Department of Agricultural and Life Science, Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
*2,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.
*3,Division of Applied Biosciences, Graduate School of Agriculture, Kyoto University

Prevention of Melanin Formation by Yeast Cerebroside in B16 Mouse Melanoma Cells 56 645-648
2005

【雑誌名】
Journal of Oleo Science

【著者(所属)】
Kazuhiko Aida*1,2,3, Mikio Kinoshita*1,2, Mikio Tnaji*1,2, Tatsuya Sugawara*4, Masahiko Tamura*1,2,5, Jisaburo Ono*3, Norimichi Ueno*3 and Masao Ohnishi*1,2

*1,Department of Agriculture and Life Science, Obihiro University of Agriculture and Veterinart Medicine
*2,The United Graduate School of Agricultural Sciences, Iwate University
*3,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.
*4,Division of Applied Biosciences, Gradurate School of Agriculture, Kyoto University
*5,Nippon Beet Sugar Mfg., Co., Ltd.

Prevention of Aberrant Crypt Foci Formation by Dietary Maize and Yeast Cerebrosides in 1,2-Dimethylhydrazine-treated Mice 54 45-49
2004

【雑誌名】
Journal of Oleo Science

【著者(所属)】
Kazuhiko Aida*1,2, Mikio Kinoshita*1,3, Tatsuya Sugawara*4, Jisaburo Ono*2, Teruo Miyazawa*5 and Masao Ohnishi*1,3

*1,The United Graduate School of Agricultural Sciences, Iwate University
*2,Central Laboratory, Nippon Flour Mills Co., Ltd.
*3,Department of Agriculture and Life Science, Obihiro University of Agriculture and Veterinart Medicine
*4,Division of Food Sciemce, Incorporated Administrative Agency, National Institute of Health and Nutrition
*5,Laboratory of Biodynamic Chemistry, Graduated School of Agriculture and Life Science, Tohoku University

Apoptosis Inducement by Plant and Fungus Sphingoid Bases in Human Colon Cancer Cells 53 503-510
2003

【雑誌名】
Advanced Research on Plant Lipids

【著者(所属)】
K. AIDA*1,2, N. TAKAKUWA*1, M. KINOSHITA*1, T. SUGAWARA*3, H. IMAI*4, J. ONO*2, and M. OHNISHI*1

*1,Obihiro University of Agriculture and Veterinary Medicine
*2,Nippon Flour Mills Co. Ltd.
*3,National Institute of Health and Nutrition
*4,Faculty of Science and Technology, Konan University

PROPERTIES AND PHYSIOLOGICAL EFFECTS OF PLANT CEREBROSIDE SPECIES AS FUNCTIONAL LIPIDS 233-236
2002

【雑誌名】
Journal of Oleo Science

【著者(所属)】
Minoru Kashima*1, Kiyotaka Nakagawa*2, Tatsuya Sugawara*2, Teruo Miyazawa*2, Chiaki Murakami*3, Rumiko Miyashita*4, Jisaburo Ono*4, F. S. Deschamps*5,6 and P. Chaminade*6

*1,Food Research Laboratory, NOF CORPORATION
*2,Graduate School of Agriculture, Tohoku Univ.
*3,JAPAN INSTITUTE OF OILS & FATS, OTHER FOODS INSPECTION(FOUNDATION)
*4,CENTRAL LABORATRY NIPPON FLOUR MILLS CO. LTD.
*5,Laboratories LAVIPHAM
*6,Laboratoires de Chimie Analytique, Faculte de Pharmacie, Universite Paris Sud

Method for Quantitative Determination of Cerebroside in "Plant Ceramide" Foodstuffs by High Performance Scattering Detection 51 347-354

学会発表

演題名 学会
2012

ラットリンパカニューレ法を用いたナマコ由来グルコシルセラミドの消化管吸収の評価

詳細を見る

日本栄養・食糧学会
2012

食餌性スフィンゴ脂質の皮膚バリア向上作用の機構解明

詳細を見る

日本農芸化学会
2012

P-糖タンパク質によるスフィンゴイド脂質の選択的消化管吸収

詳細を見る

日本農芸化学会
2011

植物由来および動物由来スフィンゴ脂質素材の機能性比較

詳細を見る

セラミド研究会
2011

消化管におけるスフィンゴイド塩基の選択的吸収機構

詳細を見る

脂質生化学会
2011

穀物由来原料からのグルコシルセラミド(セレブロシド)素材の開発と機能性評価

詳細を見る

日本食品科学工学会
2011

スフィンゴイド塩基の選択的消化管吸収機構

詳細を見る

日本食品科学工学会
2011

植物由来グルコシルセラミド及びその分解物が腸管上皮細胞における自然免疫応答に及ぼす影響

詳細を見る

日本農芸化学会
2011

食餌性スフィンゴ脂質の抗炎症作用の評価

詳細を見る

日本農芸化学会
2011

スフィンゴイド塩基の選択的消化吸収機構

詳細を見る

日本農芸化学会
2011

HPLC-ELSDを用いた植物由来GlcCer定量分析法バリデーション

詳細を見る

日本農芸化学会
2011

擬似移動層クロマト分離技術による高純度セラミドの連続製造

詳細を見る

日本農芸化学会
2010

Determination of carbon and nitrogen isotope ratios of glucosylceramide from plant and the condition for measurement of ceramide using isotope ratio mass spectrometry

詳細を見る

ISI
2010

植物由来グルコシルセラミドが腸管上皮細胞における自然免疫応答に及ぼす影響

詳細を見る

セラミド研究会
2010

スフィンゴイド塩基の選択的消化管吸収機構

詳細を見る

セラミド研究会
2010

スフィンゴ脂質摂取によるヘアレスマウスの皮膚バリア機能改善効果

詳細を見る

セラミド研究会
2010

HPLC-ELSD(蒸発光散乱検出器)を用いた植物由来グルコシルセラミド定量の分析法バリデーション

詳細を見る

セラミド研究会
2010

NCへアレスマウスにおけるスフィンゴ脂質の経口摂取によるアトピー性皮膚炎に対する影響

詳細を見る

セラミド研究会
2010

植物由来グルコシルセラミドの経口摂取による軽度アトピー性皮膚炎に及ぼす影響

詳細を見る

日本農芸化学会
2010

植物由来グルコシルセラミド及びその分解物が腸管上皮細胞における自然免疫応答に及ぼす影響

詳細を見る

日本油化学会
2010

HPLC-ELSD(蒸発光散乱検出器)を用いた植物由来グルコシルセラミド定量の分析法バリデーション

詳細を見る

日本油化学会
2010

NCへアレスマウスにおけるスフィンゴ脂質経口摂取におけるアトピー性皮膚炎に対する効果

詳細を見る

日本油化学会
2009

植物由来グルコシルセラミドの経口摂取が免疫機能に及ぼす影響

詳細を見る

日本農芸化学会
2008

植物由来グルコシルセラミドの経口摂取による皮膚保湿効果

詳細を見る

日本農芸化学会
2008

経口摂取した植物由来セレブロシドが健常者皮膚に及ぼす効果

詳細を見る

セラミド研究会
2008

植物由来スフィンゴ脂質の消化管吸収

詳細を見る

セラミド研究会
2008

栽培キノコ中のスフィンゴ脂質の分析と有効利用

詳細を見る

セラミド研究会
2008

植物由来グルコシルセラミドの経口摂取による免疫賦活効果

詳細を見る

セラミド研究会
2007

植物由来グルコシルセラミドの経口摂取による免疫賦括効果(2)

詳細を見る

日本農芸化学会
2007

日本人のスフィンゴ脂質摂取量と植物セレブロシド濃縮物による美肌効果

詳細を見る

脂質生化学会
2006

"植物由来グルコシルセラミドの食品機能性評価とその応用-植物および真菌由来スフィンゴ脂質による大腸ガン予防効果- "

詳細を見る

日本油化学会
2006

植物由来β-グルコシルセラミドの経口摂取による免疫賦括効果

詳細を見る

日本農芸化学会
2005

米由来グルコシルセラミドの経口摂取による皮膚保湿効果

詳細を見る

日本油化学会
2005

植物由来グルコシルセラミドの食品機能性

詳細を見る

日本油化学会
2005

スフィンゴ脂質の摂取量と植物性スフィンゴイド塩基の生体利用性

詳細を見る

日本農芸化学会
2005

担癌マウスモデルにおける植物由来β-グルコシルセラミドの抗腫瘍効果

詳細を見る

日本農芸化学会
2005

栽培キノコ廃棄物中のスフィンゴ脂質の分析と有効利用

詳細を見る

日本農芸化学会
2005

担癌マウスモデルにおける植物由来β-グルコシルセラミドの抗腫瘍効果

詳細を見る

国際食品科学機能学会
2005

栽培キノコ廃棄物中のスフィンゴ脂質の分析と有効利用

詳細を見る

日本農芸化学会
2004

食餌性植物および酵母由来セレブロシドによるDMH投与マウスにおける大腸腺腫誘発抑制効果

詳細を見る

日本農芸化学会
2003

スフィンゴ脂質の食品機能性について

詳細を見る

日本農芸化学会
2003

スフィンゴイド塩基による大腸ガン細胞死の誘導とその機構

詳細を見る

日本農芸化学会
2002

植物由来スフィンゴ脂質によるヒト結腸がん細胞でのアポトーシス誘導

詳細を見る

日本農芸化学会
2002

機能性脂質としての植物セレブロシドの性質と生理活性

詳細を見る

ISPL

研究論文

雑誌名・著者(所属) タイトル
2012

【雑誌名】
Cytotechnology

【著者(所属)】
Satoshi Fukumitsu*1, Myra O. Villareal*2, Shoko Onaga*2, Kazuhiko Aida*1, Junkyu Han*2, Hiroko Isoda*2

*1,Nippon Flour Mills Co. Ltd.
*2,University of Tsukuba,

α-Linolenic acid suppresses cholesterol and triacylglycerol biosynthesis pathway by suppressing SREBP-2, SREBP-1a and -1c expression
2010

【雑誌名】
Nutrition Reseach

【著者(所属)】
Satoshi Fukumitsu, Kazuhiko Aida, Hirokazu Shimizu, Katsuhiko Toyoda

Nippon Flour Mills Co. Ltd.,

Flaxseed lignan lowers blood cholesterol and decreases liver disease risk factors in moderately hypercholesterolemic men 30 441-446
2008

【雑誌名】
British Journal of Nutrition

【著者(所属)】
Satoshi Fukumitsu*1, Kazuhiko Aida*1, Norimichi Ueno*1, Shuji Ozawa*2, Yumiko Takahashi*3 and Masuko Kobori*3

*1,Nippon Flour Mills Co. Ltd.
*2,Rakuno Gakuen University
*3,National Food Research Institute

Flaxseed lignan attenuates high-fat diet-induced fat accumulation and induces adiponectin expression in mice 100 669-676

学会発表

演題名 学会
2014

マウスにおけるアマニリグナンの概日リズムへ与える影響

詳細を見る

JSoFF(日本フードファクター学会)
2014

マウスにおけるアマニリグナンの概日リズムへ与える影響

詳細を見る

日本時間生物学会
2014

The health-promoting effects of plant-derived functional food ingredients

詳細を見る

The 3rd International Conference on Nutraceutical and Cosmetic Sciences
2013

肥満外来におけるアマニ油及びアマニリグナンの有用性

詳細を見る

日本統合医療学会
2013

α-リノレン酸(n-3系脂肪酸)が脂肪細胞における脂質代謝に及ぼす影響

詳細を見る

日本油化学学会
2013

「アマニ(亜麻仁)」に含まれるα-リノレン酸とリグナンのメタボ予防・改善効果

詳細を見る

油脂コレステロール研究会
2012

α-Linolenic Acid Suppresses Cholesterol and Triacylglycerol Biosynthesis Pathway by Suppressing SREBPs Expressions in 3T3-L1 Adipocytes

詳細を見る

日本動物細胞工学会
2010

Secoisolariciresinol diglucosideが血中脂質や肝機能に及ぼす影響

詳細を見る

日本農芸化学会
2009

アマニに含まれるリグナン摂取によるメタボリックシンドローム及び肝機能改善効果

詳細を見る

JSoFF(日本フードファクター学会)
2007

Effects of flaxseed lignans on diet-induced obesity in mice and adipogensis in differentiated 3T3-L1 cells

詳細を見る

ポリフェノールと健康国際会議(ICPH)
2007

亜麻仁(アマニ)に含まれるリグナンが食餌性肥満マウス及び3T3-L1脂肪細胞に及ぼす影響

詳細を見る

日本農芸化学会
2006

アマニリグナンが食餌性肥満マウスへ及ぼす影響

詳細を見る

日本食品科学工学会
2006

アマニリグナンの肥満抑制効果

詳細を見る

日本農芸化学会
2006

亜麻仁由来リグナンの肥満抑制効果

詳細を見る

JsoFF(日本フードファクター学会)

ページの上部へ