アレルギーについて

アレルギーとアレルゲン

私たちの体には、体内に異物(抗原又はアレルゲン)が侵入してくると、それらを排除する抗体(ヒスタミンやロイコトルエンなど)を放出して 身体を守る「免疫システム」が備わっています。

『アレルギー』は、なんらかの理由でこの免疫システムに異常をきたし、ダニ・ほこり・花粉などの必ずしも病原性を有していない物質にも過剰に反応して、ヒスタミン等を大量に放出してしまい、これらが鼻・目・気管支・皮膚などの組織を刺激して、かゆみ・皮膚炎・血圧低下・呼吸困難・意識障害、等々の諸症状となって現れたものです。 主なアレルギー疾患として次のものがあげられます。

・花粉症  ・アトピー性皮膚炎  ・アレルギー性鼻炎  ・気管支喘息 
・化学物質アレルギー  ・食物アレルギー

アレルギーの原因となる物質を『アレルゲン』といいます。 ダニ・ハウスダスト・蚊・猫毛・スギなどの花粉・排気ガス・窒素酸化物・種々の食品など、多岐にわたっています。

食物アレルギー

ある特定の食物がアレルゲンとなって起こるアレルギー反応を「食物アレルギー」といいます。
皮膚のかゆみ、じんましん、湿しん等といった皮膚症状が主な症状で、下痢や嘔吐、腹痛などの消化器症状、咳や呼吸困難等の呼吸器症状、口・のどの粘膜のはれや鼻水などの症状、目のはれ、かゆみ等があらわれることもあります。その多くは急性アレルギー反応(即時型アレルギー)で、ときに全身に症状があらわれるアナフィラキシーや、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。

アナフィラキシー

ハチ毒や食物、薬物等の起因物質による全身性の即時型アレルギーを『アナフィラキシー』といいます。花粉症やアレルギー性鼻炎、気管支喘息等の即時型アレルギーは、鼻や気管支等、症状があらわれる部位が限定されますが、アナフィラキシーの場合は症状が全身にあらわれるのが特徴です。
発疹と猛烈なかゆみを伴うじんましん、皮膚が赤くなる紅潮、呼吸困難、めまい、腹痛、嘔吐、下痢、意識障害等の症状が見られます。重症になると血圧低下等の異常が急激にあらわれて、ショック症状(『アナフィラキシーショック』といいます)を引き起こし死に至ることがあります。その多くは、のどの粘膜のはれや痛み等を伴う気道閉塞(気道が塞がれること)、不整脈による心停止、重篤な酸素欠乏状態、血圧低下等が原因となっています。
アレルゲンとしては、ハチ毒やヘビ毒、様々な薬物(とくに抗生物質や解熱鎮痛剤、造影剤等)、輸血などの血液成分、ラテックス(合成ゴム)、食物、運動などがあげられます。

食物アレルギーを引き起こす原材料

厚生労働省では、食物アレルギーを引き起こすことが明らかになっている食品の中でも、 次の7品目は特に発症率、重症度が高い ことから、これらを原材料として含む加工食品については、その旨を明記することを義務づけています。

1. 卵  2. 乳  3. 小麦  4. そば 
5. 落花生  6. えび  7. かに

また、次の18品目も人によってはアレルゲンとなり、健康が危惧されることがあることから、可能な限り表示するように推奨しています。

・あわび ・いか ・いくら ・オレンジ ・キウイフルーツ ・牛肉 ・鶏肉 ・豚肉 ・さけ
・さば ・大豆 ・まつたけ ・くるみ ・やまいも ・もも ・りんご ・ゼラチン ・バナナ

アレルゲンは人によって様々です。ある人にはアレルギーを抑制する方向に作用する食物が別の人には悪い方向に作用することもあります。 アレルギー体質の方は、必ず医師の診察を受け、適切な治療・指導を受けるようにして下さい。

管理栄養士 来栖文子

TOPへ戻る