ADVANTAGE

"想い"が紡ぎだすニップンの強み

ニップンは想いを結集させ、常に新たなことに
挑戦し、成長してきました。
ここでは、挑戦を続けるニップンの強みや特徴
を紹介します。

小麦粉は幅広い食材に使われる素材

日本人の小麦消費量は、一人年間約32㎏。日本では米に次ぐ主要な食材であり、パン、パスタ、ピザ、から揚げ、お好み焼き、カステラ、ドーナツ、スナック菓子、カレールーなど、私たちの豊かな食生活に欠かすことのできない、非常に汎用性の高い食材です。

※出典:農林水産省 令和元年食糧需給表(概算)

製粉業界シェア2位

ニップンは国内製粉業界で第2位のシェアを誇ります。そのシェアは約24%。皆さんがよく行くパン屋さん、ラーメン店、イタリアンレストラン、居酒屋、ドーナツチェーンなどのお店のうち、約4軒に1軒はニップンの小麦粉を使ってもらっているということになります。

多彩な原材料群

ニップングループが扱っている原材料は、小麦粉だけではありません。小麦粉で培った製粉技術、原材料加工技術を活かし、たとえば、トマト、そば、コーン、米粉、大豆といった、幅広い食品素材やプレミックス、乾麺、冷凍食品、総菜・弁当等の加工食品を手がけている多角的総合食品企業なのです。

ヒット商品を生み出す体制

ニップンでは、お客様のニーズに応えるために、営業・製造・開発が連携して、付加価値の高い製品を提案しています。それは、汎用性の高い小麦粉をメインに、原材料から加工、製造までを手がけるニップングループだからできること。お客様の「次のヒット商品」を私たちが仕掛けるという姿勢で、日々新たな挑戦を続けています。