JOB HUNTING REPORT

内定者 就職活動レポート

設備エンジニアリング系
INTERVIEW WITH

S.S.

機械工学系

小麦が使われている
好きな食べ物
山かけうどん、ピザ

就職活動スタート!

就職活動は大学3年生の夏から始めました。活動当初は業界、職種ともに全く絞れておらず、就活イベントに何回も足を運びました。すると自分が知らない企業が数多くあることが分かり、業界それぞれの魅力を発見することができました。自分の作るもので皆を「笑顔」にする仕事がしたいと思い、数多くの業界の中で、食品業界を選びました。

ニップンとの
出会いのキッカケ
大学3年生の秋頃、大学のゼミで同じ理工学部の先輩にニップンについて教えてもらいました。当初は、食品と機械がどのように関わっているのか全く想像がつかなかったため、3年生の1月に開催されたニップンの仕事体験に参加しました。仕事体験では機械の導入やメンテナンス、製造ライン全体の設計、など食品製造に機械が密接に関わっていることを知りました。さらに『食』と『機械』の懸け橋を担っているのが、設備系エンジニアリング職の社員だということも学び、そんな「ニップン」の食品の安全を守り、お客様に笑顔を届けるという存在に大きな魅力と憧れを感じました。
ニップンの志望理由
私の夢は、仕事をするうえでたくさんの「笑顔」を作ることです。おいしい食べ物は多くの人を笑顔にすることができ、私の仕事観とマッチすると思い食品業界を希望しました。さらに小麦粉を使った料理は世界中の人に食べられており、多くの人々に満足と笑顔を与えることが出きます。そんな私の夢を実現するために、世界で活躍するニップンはとても魅力的に感じ志望しました。
選考中の
ニップンのイメージ
最初は製粉事業が主体の古い体制の会社と思っていました。しかし、企業研究を進めていくうちに、食品事業分野の拡大や海外展開など、新しいことにどんどん挑戦していく企業だと感じました。また、先輩社員との座談会の際、学生に寄り添って話す姿勢から人を大切にする社風と驚き、とても良い印象を受けました!
就職活動中の
リフレッシュ方法
リフレッシュ方法は友人たちと海へ釣りに出かけることです。釣り場の状況を正確に分析し、釣り方を変え、釣り竿の感触に集中しているときはいろんなことを忘れることができます!さらに大物を釣り上げた時の達成感は大きいです。釣りをしながら友人と自分の目指す業界、企業の新たな情報や就職活動が終ってからの学生生活について話すこともよいリフレッシュ方法です!
ニップンに就職することを
選んだ決め手
就活イベントで感じた社員の人柄です。先輩社員が就職活動中をしていた頃の苦労話を教えてくださったり、私自身が入社してから何をしたいのか、どういうキャリアを積みたいのか親身になって聞いてくださったり、立場関係なく同じ目線で一緒に考えてくれる社員が多く在籍している会社だと思いました。名前も知らない学生にも素晴らしい対応ができる社員のもとで一緒に働きたいと思ったのが決め手です。
ニップンで
チャレンジしたいこと
ニップンの商品のおいしさを120%以上にすることに挑戦したいです。そのために設備エンジニアリング職社員として機材の特徴、仕組みやプラントの種類を徹底的に勉強して、その知識を活かして工場製造効率の向上のために、製造ラインの設備改善業務を行いたいです。そして、いつかは笑顔と感動を与え続ける存在になりたいです!
10年後に目指す
ニップン社員としての姿
行動力のある社員になりたいです。設備エンジニアリング職社員として、行動力を生かし、即座に機械や製造ラインの課題を見つけ、情報共有を行い、課題を解決していきたいです。そのために日々の仕事や勉強などを一生懸命行っていきたいと考えています。そして、いつしかは日本だけではなく、海外にもニップンの商品の素晴らしさを伝えていけるような社員になりたいです。
ニップンの一番の魅力は、ズバリ!
親身な人柄です。先輩社員との意見交流の際に、業界研究の方法が分からず、企業を選ぶにあたり何を一番重視すればよいかという悩みについて真剣に聞いてくれたことや社風に対する質問に何も隠さず笑顔で答えてくれたことです。会社説明会から内定まで、お会いした先輩社員全員が笑顔で接してくださったことが何より魅力的でした!仕事についてあんなに楽しそうな姿の社員を見たのはここの会社しかありませんでした!
就職活動生へのメッセージ
まずは自ら行動してください!
企業や業界について調べることや就活イベントに足を運んでください。今まで知らなかった知識や業界の特徴、仕事に対しての魅力を感じ知ることができます。たくさん迷うこともあるかもしれませんが、迷った先に必ず良い出会いがあると思います。もし同じ会社で働くときは一緒にニップンを盛り上げていきましょう!