プロが伝授!パスタのコツ パスタをおいしく 「パスタの調理の基本」

パスタをよりおいしくするための調理の基本です。
基本をマスターして、是非自分ならではの
調理法を工夫してみてください。

ショートパスタの調理の基本 調理例:ペンネアラビアータ

ショートパスタの調理の基本
ペンネアラビアータを調理例に見ていきましょう!

材料は2人分

オーマイペンネマカロニ
160g
にんにく
2片
赤唐辛子
3本
オリーブオイル
大さじ2
オーマイホールトマト
1缶
(400g)
イタリアンパセリのみじん切り
適量

にんにくのみじん切りイメージ

Process1にんにくのみじん切り
にんにくは根元を切り落とし、縦半分に切ってからしんを取ります。

みじん切りの完成形イメージ

Process2みじん切りの完成形
根元を切り離さないようにして、縦に1~2mm幅に切れ目を入れ、更に横からも水平に1~2mm幅に切れ目を入れて端から刻み、みじん切りにします。

斜め半分に切った赤唐辛子イメージ

Process3赤唐辛子
赤唐辛子はタネをとって、斜め半分に切るよ。

パスタ鍋にたっぷりの湯を沸かすイメージ

Process4パスタ鍋にたっぷりの湯を沸かす
お湯を3リットル沸かします。

フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れて火にかけるイメージ

Process5フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子を入れて火にかける

強火で湯を沸かす間、フライパンにオリーブオイル、
にんにく、赤唐辛子を入れて火にかけます。

焦がさないように弱火でじっくりと、オイルに香りと辛味を移します。

ホールトマトをつぶしながら加えるイメージ

Process6ホールトマトをつぶしながら加える

次に、ホールトマトを手でつぶしながら加えます。

塩少量を加えて弱めの中火で約10分煮詰めるイメージ

Process7塩少量を加えて弱めの中火で約10分煮詰める

そして、塩少量を加えて、弱めの中火で約10分煮詰めます。

湯に塩大さじ2杯加え、ペンネをゆでるイメージ

Process8湯に塩大さじ2杯加え、ペンネをゆでる

塩を大さじ2杯入れてペンネを投入、中火にしてゆでます。

パスタをかき混ぜるイメージ

Process9パスタをかき混ぜる

ロングパスタに比べてくっつきやすいので、ていねいにかき混ぜましょう。
ゆで時間は表示通りにか、1分程度短めで!

パスタ取り上げてフライパンに入れるイメージ

Process10パスタ取り上げてフライパンに入れる

ゆで上がったら、ソースと一緒に1、2分程度煮込みます。

ソースの中で煮込むイメージ

Process11ソースの中で煮込む

ショートパスタの場合は、アルデンテにこだわらず、ソースの中で煮込むようにしてしんが残らないかたさに仕上げます。

フライパンを傾けると、とろりとゆっくりすべり落ちてくる位の濃度なら、トマトソースの濃度はOK!

注意 煮詰めすぎたら イメージ

ココに注意

煮つめすぎたら

煮つめすぎた場合はゆで汁を適量加えて調整します。

煮つめ方が足りない場合は、強火にして水分を飛ばします。

一口食べて確認イメージ

Process12一口食べて確認

ショートパスタはしんが残っているとおいしくありません。ひとつ食べて確認してください。

このとき味が薄ければ、塩を加えて味を調えてね。

Process13器に盛り付ける~ペンネアラビアータ完成

火を止めて、イタリアンパセリのみじん切りを加え、皿に盛り付けて完成です。

器に盛り付ける~ペンネアラビアータ完成イメージ