プロが伝授!パスタのコツ パスタをおいしく 「パスタの調理の基本」

パスタをよりおいしくするための調理の基本です。
基本をマスターして、是非自分ならではの
調理法を工夫してみてください。

冷製パスタの調理の基本 調理例:完熟トマトとバジルの冷製スパゲッティ

冷たいパスタも、簡単にお家で作れるよ!
完熟トマトとバジルの冷製スパゲッティを調理例に見ていきましょ

材料は2人分

スパゲッティ 1.3mm
200g
完熟トマト
(あればフルーツトマト)

約500g
(中玉3個)
小さじ1/3
おろしにんにく
少量
バジルの葉
適量
エキストラバージン
オリーブオイル

大さじ2

ソースの下ごしらえ

Process1ソースの下ごしらえ
まず初めにトマトの皮を湯むきし、ひと口大の乱切りにします。
乱切りにしたトマトに、塩、おろしにんにく、バジルの葉を半分にちぎって混ぜ合わせ、冷蔵庫で15分ほど冷やしておけば、下ごしらえはOK!

パスタ鍋にたっぷりの湯を沸かす

Process2パスタ鍋にたっぷりの湯を沸かす
お湯を3リットル沸かします。

塩を加える

Process3塩を加える
強火で湯を沸かし、塩を加えます。
3リットル→大さじ2杯

スパゲッティを入れる

Process4スパゲッティを入れる
沸騰してからスパゲッティをいれて中火にします。

素早く沈め、トングでかき混ぜる

Process5素早く沈め、トングでかき混ぜる
素早く沈めて、火が均等に通るようにかき混ぜます。
冷製パスタにする時は ゆで時間は、表示よりも1分~2分長めにゆでてください。

水気を切って氷水に入れて冷やす

Process6水気を切って氷水に入れて冷やす
ゆで上がったら、水気を切って氷水で冷やします。
※うどんのように洗う必要はありません。

にんにくが油に浸るようにフライパンを傾ける

Process7にんにくが油に浸るようにフライパンを傾ける

手で、パスタのかたさと冷え具合を確認してください。 こうしてゆでた後に冷水でしめるので、麺が引きしまります。

この時、パスタにしんが残っていると、違和感のある食感になってしまいます。
冷製パスタはしんを残しません。

手で確認

Process8清潔なふきんで水気をよく拭き取る

冷水でしめたら、清潔なふきんで水気をよく拭き取りましょう。

熱々のパスタは、湯切りすればほとんどの水分を飛ばせますが、冷製は水はけが悪いので、きちんと拭いてね!

ソース作り

Process9ソース作り

ここで、先ほど冷やしておいたソースにエキストラバージンオリーブオイルと残りのバジルを加えて仕上げます。

よく混ぜる

Process10よく混ぜる

よく混ぜて、トマトから出た水分とオリーブオイルが乳化してとろりとなったことを確認しましょう。

パスタをソースと
                和える

Process11パスタをソースと
和える

ソースに塩小さじ1/3を加えパスタを入れます。

ぐるぐるとかき混ぜて更に乳化させます。

Process15器に盛り付ける~完熟トマトとバジルの冷製スパゲッティの完成

涼しげな器に盛り、完熟トマトとバジルの冷製スパゲッティのできあがりです。

器に盛り付ける~完熟トマトとバジルの冷製スパゲッティの完成