世界地図に戻る │ 第2回

第2回 今月のテーマ
第2回目は「およそ9割が輸入」です!


日本で消費される 小麦粉の約9割が 輸入されたものなんだ。

そのほとんどが、 この3カ国からの ものなのです。

小麦粉の種類と主な用途

製粉する小麦粉の種類は大別すると4種類で主な用途は下の表のようになります。

主な用途 薄力粉 中力粉 強力粉 デュラム・セモリナ
ケーキ うどん 食パン スパゲッティ
カステラ 日本めん 菓子パン マカロニ
和菓子 即席めん フランスパン  
クッキー ビスケット パン粉  
天ぷら 和菓子 中華めん  

3大輸入国の特徴

輸入国 輸入量(※) 小麦粉
アメリカ 316万
7千トン
薄力粉 強力粉 デュラム・セモリナ
わが国の輸入の約6割がアメリカ産の小麦です。アメリカでは様々な地域で小麦が生産され、中力粉以外のすべての種類が輸入されています。中でも薄力粉はアメリカ産のものが中心となっています。
カナダ 113万
6千トン
強力粉 デュラム・セモリナ
カナダの強力小麦は世界で最も良質のパン用小麦といわれています。アメリカの国境地帯から広大な小麦畑が広がっています。
オーストラリア 94万
8千トン
中力粉 準強力粉
オーストラリアからはうどんや日本そばなどに使われる中力粉が輸入されています。準強力粉は中華めんやお麩などに使われます。

※平成19年度年間輸入量/ 財務省日本貿易月表より

そうなんだ!

ちょっと嬉しい コムギ豆知識
ちょっと嬉しい コムギ豆知識

長期間タンカーで運ばれると鮮度は落ちないの?

タンカーのイメージお米は新しいほどおいしいのですが、小麦は収穫してからある程度時間が経ったものの方がおいしくなります。収穫したばかりの小麦を製粉してパンやケーキを作っても固まらずにだれてしまったり、思ったように膨らまなかったりしてしまいます。 小麦は収穫してからすぐには加工しないで、そのまま「寝かせて」おきます。この間に安定することを「熟成」といいます。タンカーで運ばれているときも、港でサイロに貯蔵されているときも美味しくなるための熟成が進んでいるのです。

さて、製粉された小麦粉ですが、美味しさを保つための大敵となるのが「湿気」です。 小麦粉は涼しい乾燥した場所に保管するのが一番です。また、一度袋から出して使った小麦粉は吸った水気がカビの原因になったり、ふるいにくい塊を作る原因にもなりますから元の袋には戻さないでください。

出典:財団法人製粉振興会HPおよびハンドブック