坂本雄次の訪問!スポーツ人 vol.7 萩野公介さん

ロンドン五輪を振り返って

400m個人メドレーで銅メダル獲得!
憧れのフェルプス選手としのぎをけずる

坂本雄次さんと萩野公介選手

坂本雄次 (以下坂本)  初めてのオリンピック出場で銅メダルでしたね。今日はメダルを持ってきていただきましたが、見せていただけますか。

萩野公介 (以下萩野)  はい。

坂本  さわっていいですか?結構、重いね。メダルの側面にもいろいろ彫ってあるんですね。

萩野  側面に種目が彫ってあるんです。

坂本  デザインは毎回一緒なのかな?

萩野  表は一緒です。

坂本  裏が大会ごとにデザインが変わるんですね。
メダルを取った時は17歳、今は18歳になったんですね。
山梨学院の鈴木聡美選手(女子200m平泳ぎで銀メダル、100m平泳ぎで銅メダル、女子400mメドレーリレーで銅メダルを獲得)と萩野選手のメダル獲得は、うれしい意味で思いがけなかったですね。思いがけない結果をもたらしてくれたので、元気が出たし、日本の競泳陣にも弾みがついたんじゃないでしょうか。

萩野  ありがとうございます。

坂本  振り返って、このオリンピックはいかがでしたか?

萩野  今までいろいろな国際大会を経験させていただいたんですけど、どの大会よりもすばらしかったです。みんなこのオリンピックのために4年間頑張ってきて、意地と意地のぶつかり合いという雰囲気で、どの選手も真摯に水泳に取り組んでいて、よい結果でも、悪い結果でも、みんなほめたたえるところが印象的でした。

坂本  萩野選手の目標はマイケル・フェルプス選手で、同じ決勝のレースで、なんと3位か4位かって、結果的にしのぎを削ったんですよね。

萩野  一緒に泳げる機会なんて滅多にないですし、少しでも吸収できるものは吸収したいと思って泳ぎました。

坂本  今回、4位との差はどのくらいあったんですか?

萩野  4位とは0.3~0.4秒ほどでした。実は2位との方が近かったんです。

坂本  じゃぁひょっとしたらメダルの色が違ったかもしれないんだ!

萩野  だからタッチした瞬間はうれしかったんですけれども、悔しい気持ちも少しありました。

坂本  スポーツの世界は素晴らしいところと残酷なところと両方あるんだけど、100分の1秒でも差がついちゃうと、順番が違ってきますからね。

萩野  そうですね。

坂本  これは結構きつい世界だよね。
オリンピックでは、実際にメダルを獲れると思っていましたか?

萩野  メダルを目指して頑張ってはいましたが、実際に獲れるとは思っていなかったです。

坂本  表彰台に上がってメダルをかけてもらう時の気分はどうでしたか。

萩野  まだ信じられない気持の方が大きかったですね。
表彰台の前まで来た時に、応援して下さっている日本チームのみなさんが目に入って、非常にうれしかったです。これまでのいろいろなことがよみがえってきましたし、日の丸や他の国の選手の国旗を見て感慨深かったです。

坂本  ご両親やコーチのサポートもあって、メダル獲得につながったという背景も考えるんでしょうね。

日本競泳陣の団結

萩野公介選手

坂本  今回、日本の競泳の選手は何人いたんですか?

萩野  27人です。

坂本  最年長は北島康介さんですか?

萩野  そうです。北島さんです。

坂本  男子ではあなたが最年少でしょう。

萩野  そうです。

坂本  自分の出場種目以外では、みんなでまとまって応援していたのですか?

萩野  はい。競泳は個人のスポーツになりがちなんですけれども「いや、団体戦だ」という声があって、今回は事前の合宿の時から、選手だけのミーティングもたくさんしましたし、チームのまとまりとしてはとてもよかったと思います。

坂本  なるほどね。水泳チームの、キャプテンはいるんですか?

萩野  はい、松田丈志選手です。

坂本  松田選手も、ロンドンではメダルが獲れてよかったね(男子200mバタフライで銅、400mメドレーリレーで銀メダル)。
印象に残ったのはね、北島さんが最終的に男子400mメドレーリレーで銀メダルが獲れたでしょ?チームメイトも「康介さんを手ぶらで帰すわけにはいかないぞ」という思いが強かったですよね。

萩野  リレーチームには強い団結力がありましたね。

坂本  結果的に今回は、2004年のアテネ大会でメダルの数が8個、それを抜いて今回は11個になって戦後最多になりましたね。日本人としては非常にうれしいのですが、今の競泳の世界は、雰囲気としてはすごくいいんですか?

萩野  はい、非常にいいと思います。いい結果を出すとたくさんの方に注目していただけますし、競泳界全体が盛り上がってくるんじゃないかと思います。

坂本  17歳で銅メダルをとった萩野選手のことを見て、小さい子どもたちが刺激を受けて、水泳をやってみようと思い、競技人口が更に増えていくだろうね。

水泳の申し子としての生活

気づいたら水の中

坂本雄次さん

坂本  生後6カ月で水泳を始めて、幼稚園で選手育成コースに入ったんですよね。
幼稚園、小学生のカテゴリーで出した日本記録がいまだに破られておらず「金メダルに一番近い小学生」とその名をとどろかせていたそうですね。
初めて水に入った時のことって覚えていますか?

萩野  いや、覚えてないですね。気づいたらもう泳いでたっていう感じでしたね。

坂本  ご両親が連れて行ってくれたんですね。「なんでプールに連れてったの」と聞いたことはありますか。

萩野  両親はまったく水泳経験者じゃないんですけれども、母自身やぼくの友だちを作るためだったそうです。

坂本  生後6カ月から水に触れてると、お母さんのお腹の中にいるような感覚というか、プールで水の中にいる時でも、そんなに違和感がないかもしれないね。

萩野  そうかもしれないですね。ぼくの場合、小さい時から水に入っていましたし、怖いと思ったこともないです。
日々の練習も「きょうも頑張ろう」と当たり前に思っていました。

坂本  なるほどね。生後6カ月以降、小中高とやってきたわけだから、自分の一部みたいな感じで水泳をやってるんでしょうね。
小学校の頃から全国レベルの競技会ってあるんですか?

萩野  あります。ジュニアオリンピックカップという大会が夏と春、年に2回あります。ぼくは小学2年生の時から出ていました。

坂本  通学しながら片道1時間、プールにも通って1日2時間の練習をこなす毎日だったそうですが、この頃は水泳自体が大好きになったのかなあ?

萩野  もう大好きでした。遊びの一環でしたね。今ではちょっと信じられないですけど、友だちと遊ぶ感覚でスイミングスクールに行って練習をしていました。

坂本  泳ぐことの何が好きでしたか?

萩野  練習はきついですけれども、やっぱり大会で自分の目標としていたタイムが出た時が一番うれしかったです。

坂本  水泳をするために生まれてきたようなものですねぇ。

萩野  どうなんでしょうか(笑)

練習メニューについて

坂本  400m個人メドレーというのは、背泳ぎと平泳ぎとバタフライと自由形4種目、オールラウンダーですね。
日々の練習っていうのは、どんなことで組み立てていくんですか?

萩野  やはり4種目平等に練習の距離は泳ぐようにしていて、ちょっと得意な種目を他の種目よりは多めに練習しています。
練習のメニューはいろいろなんですけど、最初にウォーミングアップをして、次に足だけで泳ぐキック、その次は腕だけのプル、最後に足と手、一緒に使って泳ぎます。

坂本  毎日大体、距離にするとどのくらい泳ぐものなの?

萩野  時期によって違うんですけれども、泳ぎ込みの時期になると、8,000~9,000mぐらい、それを2回やる場合もあって、1万6,000~1万8,000mぐらいです。

坂本雄次さんと萩野公介選手

坂本  そんなに泳いで飽きない?

萩野  飽きるっていうよりは、強くなるためと思って泳いでいます。

坂本  泳いでいる時間はどのくらいですか?

萩野  学校が終わってからだと2時間半ぐらいですね。

坂本  ちょっと手を見せてください。意外に指が細いですね。あ、水かきが出来てるよ。

萩野  増えたらどうしましょう(笑)

時間が足りなくて困ってます!

坂本  プールから帰宅して寝るまでのスケジュールってどんな感じなのでしょうか。

萩野  9時半くらいから夕食を食べ始めて、宿題や入浴、睡眠はたくさん取りたいので11時半には寝ていますね。

坂本  大体1日どのくらい睡眠をとっていますか?8時間以上寝てる?

萩野  7時間くらい寝ています。

坂本  トップアスリートとして学校と水泳に集中するという生活を送っていますが、その他に余分なものが入り込まないんですね。

萩野  時間がなくて困っていますね。

坂本  萩野選手は非常に集中力が高いと聞いたことがあります。練習時間も通常のスイミングスクールのように2時間と特別長いわけではなく、その水泳の練習の集中力が勉強に活かされているのではないかとのことでした。水泳に、勉強にと忙しい1日を上手に回していくコツというのは何かありますか。

萩野  僕の場合は時間が本当に足りなくて困っているのですが、短い時間に効率よく全て物事を行うようにしています。たとえば、海外遠征に友人が取ってくれたノートや教科書を持って行く、ということもしています。

坂本  授業も集中して聞いてらっしゃるんでしょうね。

萩野  好きな授業の時は真剣に聞いています。英語、日本史、世界史が好きですね。

坂本  私も今は普通のおじさんですが、中学の3年間は野球部に打ち込んでいたんです。真っ暗になるまで練習して、ぐったりして帰ってきて、それでも3年間成績は落ちませんでした。飯食いながら茶碗持って居眠りしているくらい疲れていたんですよ。勉強する時間は夜遅く、2時間くらいやっていました。萩野選手のお話をうかがってやっぱり集中力って大事だなと思いました。時間がないから余計に集中しているんです。忙しい人ほど仕事をきちんとこなしますね。
時間があると、その分だけどこかでゆるんじゃうんだよね。

萩野  そうなんです。

オフの過ごし方

萩野公介選手

坂本  ほとんど水泳漬けの毎日だと思いますが、オフの日は何をして過ごしているんですか。

萩野  朝ゆっくり寝ています(笑)

坂本  水泳以外で自分の好きな趣味ってあるんですか。

萩野  よく映画を観ます。 海外の遠征先で他の選手とみんなで映画を観て気持ちを盛り上げたり、仲良くなったりしました。

坂本  洋画と邦画とどちらが好きですか。

萩野  両方観ますが、洋画の方が多いですね。

坂本  僕も映画が大好きで、最近『アベンジャーズ』を観たんです。

萩野  僕も『アベンジャーズ』観ました!

坂本  『アベンジャーズ』は娯楽映画で楽しいよね。あんまり肩のこる内容じゃなくて、リラックスできる映画を観るのはいいですね。
水泳の他にすごくやってみたいことってありますか?

萩野  休みが欲しいですね。どこかで休まないと体が持たないので。のんびり温泉に行きたいです。この夏のAKB東京ドーム公演に行ったのですが、大変楽しかったです。また行きたいですね。

坂本  オリンピックの後でずっと休みがなかったんですね。
国際大会で海外に行かれることも多いと思いますが、他の国の選手との交流もありそうですね。友達はできましたか?

萩野  南アフリカのチャド・ルクロス選手とはよく話をします。ルクロス選手は今回のロンドン五輪では男子バタフライ200mで金メダルを獲りました。去年くらいから国際大会で会うと話しをするようになって、今年6月のイタリアの大会で顔を合わせたときは「またロンドンで会おう」と話しました。実はオリンピックの400m個人メドレー決勝でも隣りで泳いでいたんです。

坂本  南アフリカというと、言葉は英語で話すの?

萩野  そうです。9月28日からワールドカップ大会で中東に行くんですが、もしかしたら彼も出場しているかもしれないので、また会えるかなと思って楽しみにしています。

坂本  実力があって記録が出せれば、今まで知らなかった国に行ったり、人に会えたりできるから、そういう収穫も大きいよね。

萩野  非常に大きいです。

高校生メダリストの食生活とは?

日々の食生活のこと

萩野公介選手

坂本  まだ成長期の一時期にあると思うんだけど、水泳のため、それから自分の健康のために、どのような食生活を送っていますか?食事の量は、結構多いんでしょう?

萩野  そうですね、食べますね。でも練習がきつい時期になると、ぼくの場合だとお昼ご飯、晩御飯、大体それぞれ1食で2,000kcal摂っても体重が減っていくんです。

坂本  すっごいね。確かに水泳は、よく全身運動って言いますもんね。
お母様が管理栄養士さんの指導のもと1日4000kcalの食事を用意しているそうですが、1日の食事はどういった内容ですか。

萩野  朝はぎりぎりまで寝ているので、ご飯一杯と、納豆とみそ汁、野菜ジュースと果物ですね。
2時間目と3時間目の間の休み時間にはお腹が減っちゃうのでパンを食べています(笑) お昼はお弁当で、ご飯は2膳くらい入っています。おかずは母が栄養面を考えていろいろな種類を作ってくれます。肉、魚はもちろん、イモ類や緑黄色野菜も多いです。そして必ず入っているものは大好物の果物です。特にオレンジが好きです。

坂本  学校が終わってプールでの練習前は何か食べているの?

萩野  食べています。その時々で違いますが、おにぎり、パン、野菜ジュースと、ゼリー飲料が多いですね。
練習が終わって帰るまでに、車の中でも食べています。練習が終わって30分以内に疲労回復のために栄養補給をしなくてはいけないので、バナナやゼリー飲料を摂っています。
帰宅してから夕食です。

坂本  体脂肪はあんまり増やさない方がいいんですか?

萩野  競技にもよりますね。短い種目の50mや100mだと少ない方がいいのですが、ぼくの種目の400m、それから1,500mという距離の長い種目になってくると、最後は脂肪分がエネルギーになってくるので、あまり減らすと最後の力が出ないため、ある程度脂肪は多い方がいいんです。
体重と体脂肪は理想の数値があるので、毎朝、家でチェックして、その数値に合わせるように脂肪分を調整して、たとえば「今日はお菓子を食べないようにしよう」などと気を付けています。

坂本  脂肪があれば浮きやすいとか、体が冷えにくいとか、そんなイメージで捉えてたんだけど、種目によっては、エネルギーに転換していくために、筋肉だけでは補いきれなくて脂肪が必要なんですね。
一番好きな食べ物ってなんですか?

萩野  イチゴです。焼肉やラーメンも大好きですね。

坂本  18歳らしいですね。お母様が作ってくださるもので好きなものはありますか?

萩野  肉団子ですね。

坂本  やっぱり肉が好きなんだね(笑)

トップアスリートの勝負メシって?

坂本雄次さんと萩野公介選手

坂本  自分にとって節目の試合が年に何回かありますよね。レースの前日や当日、必ず食べる「勝負メシ」ってありますか?

萩野  やっぱり前日はエネルギーにするために炭水化物、たとえばスパゲッティーなど消化しやすくって腹持ちがいいものを多めに取りますね。レース当日は、マラソンと同じでバナナなど消化のいいものと、あとは水分をこまめに補給することを気をつけています。

坂本  スパゲッティーは好きですか?

萩野  好きです。魚介系が好きですね。

坂本  具だくさんなものが好きなのかな。

萩野  はい。

坂本  練習後や試合後、心身ともに疲労すると思うんだけど「疲れた時はこれを食べてよく寝れば、元気になる」という食べ物はありますか?

萩野  やっぱりご飯ですね。炭水化物は多めに摂ります。あとは動物性のタンパク質をなるべく多く摂るようにしています。

坂本  国際大会やオリンピック前の長期合宿で長い期間海外に行かれることも多いでしょうが、その時は自分が好きな食べ物を持っていくんですか?

萩野  今回は6月11日にはもう日本を出発して、スペインとイギリスで合宿を行い、そのままオリンピックが終わるまで帰ってきませんでした。 ヨーロッパだとオリーブオイルがありますよね。それに醤油をちょっと加えて混ぜると和風ドレッシングのような味になるので、野菜にかけてよくみんなで食べていました。

坂本  オリンピックの選手村での食事はバイキングですか?

萩野  はい、バイキングです。

坂本  和食もあるの?

萩野  はい。アジアのコーナーがあって、その中に和食がありますね。あとはヨーロッパなどいろいろな国の食事があるんです。アフリカ料理など、初めて見るような食べ物が結構、並んでいましたね。

坂本  なるほど。食べてみた?

萩野  いや、ぼくはアフリカ料理には挑戦しなかったですね(笑)。それでも他の国のいろいろな料理を食べてみましたが最終的にはアジアコーナーを選びました。

坂本  選手の中には炊飯器を持って行くという話も聞くんですけど、そういうことをやってる人もいたんですか?

萩野  お米を炊くことはなかったんですが、日本代表競泳チームに、非常食用のお湯を入れると牛メシや五目御飯などいろいろな種類ができるものを支給していただきました。みなさんレース前にそれを食べて「よし、日本のお米を食べた」とエネルギーにしてレースに臨んでました。

ロンドン五輪を終えて、今後の目標は?

4月からは大学生に!スイマーとしての目標は?

坂本雄次さんと萩野公介選手

坂本  来年の春からは東洋大学に進学ですね。今度は北島康介選手を育てた名コーチ、平井伯昌さんから指導を受けるそうですが。

萩野  はい、非常に楽しみです。

坂本  そうとう厳しいと思いますよ(笑)

萩野  でも、厳しいことを乗り越えないと強くなれないということもわかっていますので覚悟の上です。目標にしているマイケル・フェルプス選手のように技術的にも、精神的にも、強くなりたいです。
体は頭から指令が行くので、気持ちが沈んでしまうと、体も動かなくなってしまいます。メンタルは非常に重要です。

坂本  そうですね、大切なことは健康な心と体で競技に向かって行くということだと思います。
生後半年から今まで水泳に取り組んできて、来年は大学進学、そして成人を迎えて、やがて社会人になりますね。こういう大人になりたい、こういう競技者になりたいという目標はありますか。

萩野  やはりタフな選手になりたいです。そして競技生活は短いですので、終わったあとも何かしら水泳には関わって行きたいな、と思っています。

坂本  生後6カ月から水泳を始めて、自分の人生のほぼ100%が水泳ですからね。今度大学に通い始めると地元の栃木を離れて東京で暮らすんでしょう。食事面や練習の送迎のサポートをしてくださっていたご両親から離れて、いよいよ自立ですね。

萩野  母は「一人で生活できるの?」って言っていました(笑)

坂本  時々は元気な姿を見せてあげてくださいね。

次回、リオデジャネイロ五輪に向けて

坂本  年齢的に言うと、次のリオ、その次の五輪まで8年ですが、その時でもまだ26歳だよね。まだ出場できるね。

萩野  はい、そこまでは頑張ろうと思っています。

坂本  ぜひ行ってもらいたいねぇ。リオデジャネイロへ向けての目標はありますか?

萩野  もちろん、次の五輪では金メダルをと思っています。また、個人メドレーだけではなく、得意の背泳ぎや自由形でも活躍できるオールラウンダーになりたいと思っています。

坂本  世界記録も塗り替えたいんじゃない?

萩野  もちろん世界記録は、がんばっていつかは更新したいなと思っています。

坂本  オリンピックで選手ががんばっている様子を見て、我々国民はすごく元気も勇気もたくさんいただいています。
萩野選手も、これからも応援し続けてもらえるような水泳選手として活躍してほしいなと思っています。
ご両親にも感謝の気持ちを忘れずにね。兄弟は何人ぐらいなの?

萩野  一人っ子です。

坂本  それじゃぁますます、今度は金を獲るしかないよな。

萩野  はい。

坂本  これからも競技生活がんばってくださいね。

萩野  ありがとうございます。

「運動」と「食」について

こばたてるみ

公認スポーツ栄養士 管理栄養士・健康運動指導士
株式会社しょくスポーツ代表 こばた てるみ

3年間の銀行勤務後、スポーツ栄養の世界へ。日本初の公認スポーツ栄養士16名のうちの1人。現在、栄養サポートを行っている「清水エスパルス」をはじめ、競泳オリンピックメダリストやプロ野球、箱根駅伝選手など数多くのサポートを手がける。また、ビジネスマンやOLの方向けのヘルシー&ビューティーレシピの提案や、10日で3万食完売したスポーツ弁当をはじめ様々な商品開発、料理番組出演など幅広い活動を行っている。地域食材を使った料理と共にお酒を楽しむため、テニス、ゴルフ、ランニングで汗を流している。

伸び盛りのメダリストに必要な食は「量と質」

 17歳という若さでオリンピックの銅メダルを獲得した萩野選手。泳ぎ込みの時期には 1日に18,000mもの距離を泳ぐことがあるといいます。そんな時には、昼・夜の食事で 各2,000kcalを補給しても体重が減少してしまうとのこと。基礎代謝量や運動による 活動エネルギー量のほか、成長期には組織増加分のエネルギー蓄積量が必要になるた め、消費エネルギー+αの食事をとることが大切です。
 萩野選手はそのことをしっかり心得ていらっしゃるようで、練習前後の補食でもおにぎりや果物、野菜ジュースやゼリー飲料などを活用していて素晴らしいと感じまし た。
 また、競泳400Mメドレーという競技の場合、糖質以外にも脂質やたんぱく質(アミノ 酸)が運動中のエネルギー源として使われますので、主食のご飯やパスタと共にお肉や魚をたっぷり食べているのも理にかなっていますね。
 合宿や試合で海外に遠征する機会が 更に増えていきそうですが、今まで通り食事や休養をしっかりとり、萩野選手の目標 である「リオデジャネイロオリンピックでの金メダル」をぜひ獲得して欲しいと思い ます。影ながら応援しています。

秋鮭と揚げごぼうのパスタ

運動量が多い上、成長期の(競泳)選手には、運動で消費される糖質の補給のほか、 カラダの構成成分となるたんぱく質、成長のビタミンと呼ばれるビタミンB2をしっか りとることが重要です。たんぱく質は肉、魚、卵、大豆製品、乳製品に、ビタミンB2 は乳製品、サバ、サンマ、緑黄色野菜、うなぎ、レバーなどに豊富に含まれていま す。手軽に済ませたい昼食時には、一皿でいろいろな食材がとれるパスタを選ぶとよいでしょう。

<秋鮭と揚げごぼうのパスタ>

坂本雄次プロフィール

坂本雄次さん

1947年神奈川県生まれ。
自身のダイエットのため始めたランニングをきっかけに、当時在籍していた東京電力で陸上部の監督を15年務め、素人の中からフルマラソンを2時間30分で走るランナーを数多く育成する。
1993年にマラソンの各種大会を企画運営する会社「株式会社ランナーズ・ウエルネス」を設立。
日本テレビ 24時間テレビ の「24時間マラソン」、「湘南国際マラソン」などの立ち上げに尽力。間寛平さんのアースマラソンのアドバイザーとしても完走をサポート。

AIMS公認距離測定員
国際スパルタスロン協会日本支部代表
一般社団法人日本ウルトラランナーズ協会(JUA)理事

バックナンバー

もっと見る

TOPへ戻る