ニップンの歩み

ニップンの歩み

沿革

1896 創立
わが国最初の欧米式機械製粉設備を採用し、資本金30万円、小麦粉月産能力440トンで東京・深川扇橋にて操業開始
1914 久留米工場竣工
1924 横浜工場竣工(日本最初の大規模臨海工場)
1928 名古屋工場竣工
1945 戦後直ちに復興に着手
1953 当社生産能力、戦前最高水準に復興
1955 日粉食糧(株)設立(後のオーマイ(株))
1967 本店社屋(東京都渋谷区)完成
1972 中央研究所、厚木に移転完成
1974 神戸甲南工場竣工
1975 小山食品工場竣工。技術センター新設
1978 世界最新鋭の千葉工場竣工
1980 神戸甲南工場内に食品工場竣工。高崎工場内に冷凍食品工場増設
1982 中央研究所増設。神戸甲南工場第2ミル竣工
1985 福岡工場竣工
1989 竜ヶ崎工場竣工
1990 オーマイ(株)を合併
1993 経営基盤強化のための全社的企業再構築スタート
1994 千葉工場の小麦粉製造設備能力増強(Cミル完成)
1995 阪神・淡路大震災。神戸工場・神戸甲南工場被災
神戸工場閉鎖
神戸甲南工場は能力を増強して年内に復興達成
1996 ニップン冷食(株)設立
9月26日、創立100周年を迎える
福岡工場Bミル竣工
1997 門司工場閉鎖。1993年にスタートした再構築計画で、高崎・松山・神戸・門司の製粉工場を閉鎖し、臨海大型工場に集約完了
1998 厚木、加古川工場分社化、オーマイ(株)設立
製粉業界、コ-ングリッツ業界で初めてISO9001認証取得
1999 伊勢崎冷凍食品(現:エヌエフフローズン(株))・工場竣工
2000 新企業理念、環境方針制定
(株)ニップンテクノクラスタを傘下に
エフワン(株)からフード事業部門(ミスタードーナツショップ12店)を買収
米国パスタ・モンタナ社を買収
2001 遺伝子組換え食品検査会社(株)ファスマックを設立
2002
製粉・食品部門の全工場でISO9000シリーズの認証取得
2003 CSR(企業の社会的責任)に関する取り組みを全社的に展開
業務用油揚げ事業No.1のオーケー食品工業(株)と業務提携
2004 松屋製粉(株)、そばミックス新工場竣工
千葉工場ISO14001の認証を取得
横浜物流センター完成
上海日粉食品有限公司、プレミックス工場竣工
2005
ニップン商事(株)東京支店を分社化、(株)ニップン商事コーポレーション発足
オーマイブランド50周年を迎える
パスタモンタナ社「コスタマカロニ社」の商権・生産設備を取得
2006 千葉工場Dミル竣工
米国ロサンゼルスに現地法人設立、業務用食材及び加工食品の販売に注力
ユーロフィンズ・サイエンティフィック社と業務提携
2007 上海日粉、ISO9001、HACCP 取得
松屋製粉、上三川工場竣工
2008 NPタイランド 最新鋭プレミックス工場竣工
エヌ・ピー・エフジャパン 千葉新工場竣工
オーマイ加古川工場、生産ライン大幅増強
2009 プレミックス開発50周年
NPタイランド 生産ライン70%増強
2010 オーケー食品工業(株) 公開買い付けによる子会社化
2011 瑞穂食品 上三川に米粉新工場竣工
エヌエフフローズン(株) FSSC22000認証取得
北海道深川市にある遊休地を「ニップン四季の森」として整備・開放するプロジェ クトをスタート
2012 食品の放射性物質検査でISO17025認定取得
神戸甲南工場の製粉ライン増設および原料サイロ等新設工事完了、稼動
2013 竜ヶ崎工場、プレミックス分野でFSSC22000認証取得
横浜工場、製粉分野でFSSC22000認証取得
CSR企画「爲末大学食育学部」を開始
(株)ナガノトマトの発行済株式を51%取得し、業務提携を締結
ニップンドーナツ九州(株)が発足
「エコシップマーク」の認定取得
2014 神戸甲南工場FSSC22000認証取得
千葉工場の原料サイロ増設工事が完了
PT.NIPPN FOODS INDONESIAを設立
(株)ファスマックが、ISO17025年認定取得
2015 (株)ファスマックが、ISTA(International SeedTesting Association/国際種子検査協会)認定を取得
CSR企画「爲末大学食育学部」が文部科学省主催の平成26年度「青少年の知見活動推進企業表彰」で「審査員会奨励賞」を受賞
「食品リサイクル・ループ」等の取り組みにより、「第36回食品産業優良企業等表彰」環境部門で農林水産大臣賞を受賞
松田食品工業(株)と資本提携

TOPへ戻る