ニップンのアマニ 動画でわかる アマニを使った簡単レシピ

アマニ(亜麻仁)について

英名「FLAX」、和名を「亜麻」という植物の種子(仁)が「亜麻仁(アマニ)」です。外見や味はゴマに似ています。 古くは石器時代のスイス湖棲人遺跡から発見され、人類が初めて栽培した植物の一つといわれ、古代人がその繊維と種子を利用していたとの記録があります。紀元前3000年から2000年頃にはエジプトで栽培されていたようです。アマの茎の繊維分からは布地が作られ、エジプトではミイラを包む布として利用されていました。 シーツやテーブルクロスなどの布地をリネン、リンネルというのはアマの学名(Linum usitatissimum L)から来ています。 アマニ(アマの種子)は食用として認知され、搾った油も利用されていました。

アマニのすばらしい栄養分

アマニはα-リノレン酸やリグナン、食物せんいを豊富に含みます。近年、栄養的価値から各国で大きく注目されています。

食物繊維 α-リノレン酸 リグナン アマニ粒栄養成分
α-リノレン酸 食物繊維 リグナン
体内では作ることのできない必須脂肪酸のひとつオメガ3脂肪酸です。摂取すると一部体内で青魚でおなじみのEPAやDHAに変換されます。 アマニは約24%もの食物せんいを含みます。これはゴマの約2倍です。その上、水溶性・不溶性の食物せんいをバランスよく含んでいます。 植物に含まれているポリフェノールの一種で、最近注目を浴びている貴重な健康成分です。
食物せんいはゴマの約2倍 α-リノレン酸はゴマの160倍以上 リグナンは食用植物中トップクラス
*表中の数値は、日本アマニ協会調べ。 なおアマニ油に食物せんい、リグナンは含まれておりません。   


Copyright(C) NIPPON FLOUR MILLS Co.,Ltd. All rights reserved.